Practice Aptitude TestsPractice Now

適性検査

Updated March 18, 2022

Written by the WikiJob Team

All products and services featured are independently selected by WikiJob. When you register or purchase through links on this page, we may earn a commission.

適性検査とは?

適性検査とは、求職者が特定の仕事をこなしたり、様々な状況に対応したりするための能力をテストする体系的な手段です。それぞれの検査に管理と採点の基準化された方法があり、数値化され、他の受験者たちと比較された結果が出ます。テストは特定の適性についての生まれ持った能力を判断するためのものなので、事前知識を想定していません。

適性検査はどのように考慮されるか?

より多くの適性検査がオンラインで行われています。特に、求職者が最初にその仕事に応募した後で実施され、時間のかかる1対1の面接をすることなく、採用プロセスから不適切な候補者を除外するために使用されます。

企業は、一般的な面接のアドバイス応募フォームアセスメントセンター、学業成績などの選抜方法とともに、SHLTalent QCubiksなどのさまざまなプロバイダーによる適性検査を利用します。 テストは完璧ではないにしても、候補者がその企業で日常的な役割を果たす上で直面する課題にどのように対応するかを示すことを目的としています。

テストはオンラインもしくは企業のオフィスなどのテストセンターにて通常紙ベースで受けることができます。 しばし、最初の無監督のオンラインテスト中にあなたが不正行為をしていないことを確認するために、両方のタイプのテストを受けるように求められることがあります。

適性検査

テストで緊張しない秘訣は? 準備です。

検査を提供している団体は?

下記を含む数多くの団体が適性検査を作成しています。

  • SHL 世界50カ国以上で運営している国際的企業で、30以上の言語でテストを提供しています。
  • Kenexa IBMグループの会社で、多種多様な業界の団体に採用サービスを提供しています。
  • Cubiks 国際的人事コンサル企業で、精神測定検査を提供し、雇用主向けにアセスメントセンターを運営しています。
  • Talent Q Hay Group傘下の団体で、1つの検査で多様な適性を判定することができるアセスメントを提供しています。
  • Saville 分析力、理解力、技術力をテストすることができる適性検査セットのプロバイダーです。

適性検査の種類は?

以下はあなたが受けることになるかもしれない最も一般的な適性検査のタイプです。

  • 数的推理テスト このテストでは統計、図表やチャートに基づいた質問に答えることが求められます。
  • 言語的推理テスト あなたの言語的論理力やテキストの一文から素早く情報を処理する能力を評価する方法です。
  • Intrayエクササイズ ビジネス関連のシナリオで、タスクの優先がどれだけうまくできるかを評価します。
  • 空間推理テスト あなたの論理的推理力を測るテストで、通常厳しい時間制限が設けられています。
  • 状況判断テスト 仕事上の問題解決に関するあなたの判断力を測定する心理テストです。
  • 帰納推理テスト 言葉や数字というよりは、パターンに隠された理論を候補者がどれだけうまく見出すことができるかを調べるテスト。
  • 認知力テスト 一般的な知性を測定するもので、適性検査の多くのカテゴリーをカバーします。
  • 機械的推理テスト このテストではあなたの問題に対する機械的・工学的原則の応用能力を判定します。技術職採用に利用される場合が多いです。
  • ワトソン−グレーザーテスト 候補者の議論への批判的思考能力を測定するためのものです。法律事務所で利用されることが多いです。
  • 抽象的推論テスト 帰納推理テストの別称。
  • 空間認識能力テスト このテストはあなたの頭の中でイメージを操作する能力を測定するもので、デザイン、工学、建築分野の職業の採用によく利用されています。
  • エラーチェックテスト 珍しい適性検査で、複雑なデータ集合の中にあるエラーを見つける能力に焦点を当てています。

無料で数的、言語、空間の模試を受ける

数的、言語的、空間推理テストを練習したい場合は、WikiJobが心理測定専門家と共同で作成し、実際のテストに基づいてモデル化した以下ものを試してみてください。

数的推理テストは10分以内に答えなければならない10の質問で構成され、空間推理テストと言語的推理テストは5分で答える5もしくは10の質問で構成されています(テスト自体にタイマーはなし)。 このテストは、やりがいのある練習にする目的から、実際のテストより少し難しくなっています。 このページの下部に記載されているテストのヒントやテクニックを最初に忘れずにチェックしましょう。

何回でもテストを受けることができます。 開始するには、下のいずれかの「テストをする」のリンクをクリックしてください。

WikiJobの数的推理テストアプリをiTunesGoogle Playで、さらに言語的推理テストアプリも 同じくiTunesGoogle Playで手に入れることもできます。27の質問から構成されるテストで、タイマーと回答解説が最後に付いています。ぜひ試してみてください!

数的推理 練習テスト

採用プロセスの一部として多くの企業で利用されているSHL、PSLやGTIOS心理測定テストに似せた、この数的推理模擬試験を試してみましょう。

質問数

10

合格ボーダーライン

70%

タイムリミット

10 min

テストをする

言語的推理 練習テスト

言語的推理テストは、候補者がどれだけうまく言語的論理を査定できるかを見るために面接官によって使われています。SHLはおそらく最もよく認知されている言語的推理テストプロバイダーで、また最も広く利用されています。

質問数

10

合格ボーダーライン

70%

タイムリミット

5 min

テストをする

空間推理 練習テスト

空間推理テストは、フローチャートと図形を使ってあなたの論理的推理能力を測定します。多くの新卒採用企業で利用されているテストに似せて作られた、これら5つの練習用の質問を解いてみましょう。

質問数

5

合格ボーダーライン

80%

タイムリミット

5 min

テストをする

適性検査のテストの構成

テストには時間制限があり、たいていは選択式問題です。 意図的に誤解を招くように書かれた選択肢は珍しくないので、取り組む際には注意が必要です。 一部のテストでは、試験が進むにつれて難易度が上がります。 通常、これらのテストは候補者が終了できるようには作られていません。

スコアと採点

スコアはあなたの成績と平均値との偏差によります。 あなたの適性、能力、知性は、この平均的な結果と相対的に値が決まります

通常、適性テストに合格するには、「平均的な」成績だけが必要です。 ほとんどの雇用主は、採点の目的で人々のバックグラウンドを考慮します。 たとえば、数学科の卒業生は、美術科の卒業生と比べれば数的テストで不公平ぐらいの利点を得ることになるでしょう。 そのため、ほとんどの雇用者は、これらのテストを評価プロセスの一部としてのみ使用します。

減点方式

多くの適性検査で減点方式が採用されています。 これは、すべての誤答が(採点されないというより)あなたの合計点から減点されるということです。この場合、通常は事前に通知されます。 減点方式を採用しているテストでは、たとえ過度のプレッシャーにさらされていても、あなたが合格する可能性を無くしてしまうので、推測で答えを出してはいけません。

適性検査:準備と練習

前もって練習を

同じような適性検査を練習することで、実際の検査でのパフォーマンスが上がることがあるということが証明されています。 試験テクニックを練習し、練習問題を解くことで受験するかもしれないテストの種類に馴染んでください。 簡単なワード・数字パズルでさえ、いくつかのテストの理解や算術的な側面に慣れるのに役立ちます。

WikiJobは実際のアセスメントの前に適性検査を練習することをおすすめします。 JobTestPrepは、PSLやSHLテスト(ほとんどの新卒採用企業が候補者を評価するために使用するテスト)と同じ形式で、専門的に構築された広範囲の精神測定用の質問を用意しています。 質問は、実際のものと同じように、専門的な形式で構成されています。

WikiJobの数的推理テストアプリiTunesGoogle Playで手に入れることもできます。27の質問から構成されるテストで、タイマーと回答解説が最後に付いてきます。ぜひ試してみてください!

テストに向けての準備

適性検査は面接だと思ってください。夜はよく寝て、試験会場への道順を把握して、時間通りに到着して、適切な服装をしてください。与えられた指示をよく聞いて、それを正確に守りましょう。

適性検査そのものの前に、練習用の例題をもらうことになるはずです。何か不明な点があればこの段階で質問するようにしましょう。通常、メモ用の紙を渡されるはずです。解答用紙を回収する時にこれらも一緒に回収されることが多いですが、評価の一部に入ることはありません。

テストを受験する

テストは迅速かつ正確に取り組む必要があります。特定の質問に時間をかけすぎないようにしましょう。もし何か引っかかるものがあるのなら、テストの終わりにそれを見直すようにしましょう。できるだけ正確に各質問に時間配分するべきでしょう。特に、これは1問につき50~90秒です。

検査は難しく、すべての質問に答える必要がない場合もあるということを覚えておいてください。検査が減点方式なら特に注意してください。そうでない場合は、与えられた時間内にできるだけ多くの質問に回答してください。選択式の質問は引っ掛け問題であることが多く、候補者がしがちなミスを含んだ不正解の選択肢もあることをお忘れないように。

成功へのコツ

以下の5つのヒントは実際に適性検査を受ける前に知っておくと役立ちます。

  • 適性検査を他の試験のように真剣に捉える。
  • どんな検査でも迅速かつ丁寧に取り組む。
  • **どの質問にもできる限りの時間をかけて取り組み、それをきちんと守る。**最後に質問を見直すことができます。もう少しで解けると思っても、特定の質問に時間をかけすぎないように。
  • アセスメントセンターに行くのなら、使い慣れた計算機を持参するように。 持っていかなければ、センター側が用意するものを使うことになります。
  • 与えられた時間の中でできるだけ多くの質問に回答する。 しかし、減点方式に注意してください。

---

試験中のパフォーマンスを上げるために、WikiJobでは推論テストを受けることをおすすめしています。私たちのパートナーJobTestPrepは、あなたがこの種類の検査を完全にマスターするまで使える豊富なサンプルテストが用意されています。また、数的、言語的、空間的推論テストをカバーし、何百もの練習問題があるこの精神測定検査ワークブックも必見です。

---

WikiJobのその他の役立つ記事

あなたにおおすすめの記事

Read this article in German

Read this article in English