よくある面接での質問

Updated 26 May 2020

0
shares

面接は時と場合により様々です。良い面接官は、会社、職務、あなた自身について、質問をうまく分散させます。 

できるだけ迅速かつ効果的に、あなたがその職に適任かどうかを見出そうとしているのです。同時に、あなたもその仕事が自身に合ったものか判断しようとしていますね。  

こういったことにも関わらず、何度も何度も聞かれる質問が多く存在しますが、それは広範な職業、企業や人々に関係のあるものだからです。

よく研究し、考え抜いた回答 ができるようにしておくべきでしょう。同じ質問が何回も上がった時に、それのために費やした準備が報われます。  

前もって時間と労力を費やして、よくある質問のリストを作ることもできます。そして、質問に答える準備ができているということは、その場で答えを出そうとするよりも何百万倍も良いことでしょう。

そこで、この記事では、面接でよく聞かれる質問50選 をカテゴリー別に構成し、その種類の質問にうまく答える方法を解説します。

これらの多くに巡り合うことは間違いありません。各カテゴリーを見て、それぞれに真っ当な回答ができるかどうかを確認してください。 これらの質問の多くには、それについて特筆した記事が付いています。 リンクをクリックするとその記事が表示されます。 

よくある面接での質問s

 面接でよく聞かれる質問50選

その仕事についての質問

応募書類を作成する前であっても、理想的な候補者はその会社の事業内容、自分が応募するポジションの役割、なぜその役割が必要なのかをよく理解しています。 

以下の質問の少なくとも1つの変化形を尋ねられることはほぼ確実です。

  1. この仕事のどんな部分に興味がありますか?
  2. なぜこのポジションに応募したのですか?
  3. なぜ○○になりたいのですか?
  4. この職務で初年度に何に取り組みたいですか?

これらの質問をする理由の背景には、あなたがこれから何をしようとしているのか理解することがあります。 

あなたの求めるものが企業側のものと一致しない場合、双方がいくつかの問題を抱えることになります

同種の仕事をしていると思う人の話を聞いて、彼らが毎日の業務で一般的にどういったことをしているのかについて調べてください(LinkedInが役に立つかもしれません)。 もしくは、志望企業の人事部に連絡して、その職種はどういった役割なのかについても正確に調べてみましょう。 

このアプローチは、あなたが正しい期待とともに面接に挑むことを意味するだけでなく、より良い準備をすることも可能にします。  

あなたが何を求めているのかが分かったら、適切な技能を持っていることを確認し、あなたがその仕事に最適な人材であることを裏付ける具体例を用意することができます。 

その企業・業界についての質問  

同様に、企業とその業界の両方についてより広い知識を持つことは役立ちます。候補者は皆、インターネットへアクセスして会社のウェブサイトを見ているはずです。 そのレベルの情報だけでは、競争相手と差をつけたい場合、十分ではありません。  

今後の計画や最近の動向について企業研究してください。どこが競合他社で、その企業とどのような関係になっているのかを調べてください。 面接で議論できる業界の現在の課題について学ぶために、関連する商業誌や業界プレスを読んでください。 あなたが自由に使える情報が多ければ多いほど、面接での難しい質問に答えられるようになります。  

この知識はまた、あなたがよく準備ができていて、高い意欲を持っていることを示してくれます。 つまり、あなたが目の前にある仕事だけでなく、担当する職務が会社のためにどんな意義があり、業界広範で考えた時にどのような役割を果たすのかに関心を持っていということです。 

 下記に沿った質問をされることになるでしょう。

  1. なぜ当社で働きたいのですか? 
  2. 当社について何を知っていますか?または、当社の事業内容は? 
  3. なぜ中小企業で働きたいのですか?
  4. この業界のどんな所に惹かれるますか? 
  5. 当社の競合他社についてどう思ますか?

これらは準備なしでその場で答えることが非常に難しい質問なので、即興でやり抜こうとすればすぐに気づかれるでしょう。  

家で準備することでこれらの質問についての対策を講じてください。 インターネットで企業を見つけ、そのウェブサイトを熟読し、その業界内の競合他社とメディアにも目を通してください。 企業の競合他社についての批判分析結果を話せるようにしてください。 理由なしの批判はしないでください。もしあなたが他社のことが好きなら、(理由も添えて)ぜひそう言ってください。  

インタビュアーは、業界内でのあなたの応募状況に関して、難題になり得る質問をする可能性もあります。 例えば以下のようなものです。

  1. 他にはどんな職種を考えていますか?応募しましたか?
  2. 他はどの会社に応募しましたか?面接を受けましたか? 
  3. 前職について教えてください

これらの質問はあなたの嘘を見破るためにあるかのように聞こえるでしょう。あなたは、他の企業に応募していることや、選考がどのぐらい進んだかについて教えますか?

この種の質問について何を答えるべきではないかから始めましょう。 

たとえば、どの業界で仕事をしたいのか、どのような職業に就きたいのかについて全く分からないと言うことは、良い考えではないかもしれません。 

「100%確実ではない」、「何か違うことを試してみたい」、「以前、まったく異なる道を考えたことがある」と言っても構いません。しかし、気まぐれで応募しているわけではないということを暗示したくはないでしょう。

他の業界や職種について言及している場合は、共通点に向けて話の流れを調整してください。両方の分野に共通して興味があるものは何ですか?あなたが面接されている職務に依然として熱意があることを示すために大変役に立ちます。

選考中の他社について話すなら、駆け引き上手になってください。例えば、「ああ、あの会社は本当にひどいところで、御社の足元にも及びません」と言うことは、せいぜいおべっかにしか聞こえません。

代わりに、その企業と競合他社があなたに適しているかどうかを確認するための機会として、面接をどういう風に活用したいかについて話してください。

応募した企業数について質問された場合も、注意する必要があります。 

一般的なベストな方法は、会社を選び抜き、あなたの全エネルギーを少数の面接に集中できるようにすることです。たくさん応募したと言えば、あなた自身が何をしているのか分からないのか、あるいは就活を無駄に頑張りすぎていることを示唆するかもしれません。  

--- 

あなたが就活中で、採用プロセスで優位に立ちたいと思うなら、この 新卒採用面接をマスターするためのガイド が役に立つかもしれません。情報と要領を得ていれば、より大きな自信を持って面接室に入ることができます。 

--- 

リーダーシップ、チームワーク、コミュニケーションについての質問 

 あらゆる役割において、リーダーシップチームワークコミュニケーション の何らかの組み合わせが必要になります。 企業は、特に経営大学院卒向けの管理職ポジションのために、求職者のリーダーシップスキルの根拠を見ることに大いに関心があります。また、他者と課題について話し合い解決策を見つけるために、従業員がチームワークやコミュニケーションスキルを身につけることも重要です。

そういった理由から、以下のようなスキルについて尋ねられることになるでしょう。

  1. 対立する重要な仕事をどう調整するか?
  2. あなたはリーダータイプですか?
  3.  チームの一員として働いた経験を教えてください 
  4. 他の人に影響やモチベーションを与えた経験について教えてください。 
  5. リーダーとしての経験を教えてください。 
  6. チームの他の人と個人的な問題を抱えた場合、どう対処しますか?

これらの質問に答える鍵は、たくさんのを用意することです。 

「チームプレーが得意だ」、「どんなグループの人々でも成功に導くことができる」などと言うことは簡単です。重要なことは、根拠を持つことです。

これらの質問に対して使える例を2つずつ考えておいてください。

例について説明するときは、STARテクニックを使って重要な点をすべて網羅することをおすすめします。

まず、状況(Situation)を説明します。これは、あなたの例が置かれているプロジェクトや課題の内容です。

そして、その課題(Task)について話します。遂行する必要があった特定の物事です。この部分はあなたの例の中核をなします。

その後、面接官に、その課題に対して取った行動(Action)を伝えてください。あなたが直面していた問題を克服するために使った方法についてです。

最後に、結果(Result)をまとめます。あなたの行動の結果として何が起こりましたか?可能であれば、統計がここで驚くほど効果を発揮します。例えば、「その行動によって収益性が15%向上した」などです。

このテクニックは、面接官が知りたい内容そのものについて、すべての例を適切かつ簡潔に伝えるために役立ちます。

分析力や問題解決能力についての質問

多くの仕事は、問題の分析と解決を中心に展開しています。 これがあなたが応募する職務の中核をなす内容であるなら、問題へのアプローチ方法についていくつか質問されるでしょう。 

このような場合には、仕事に基づいたシナリオが設定され、あなたなら何をするのかと尋ねられます。問題とその解決方法の視覚化を求められるでしょう。

このカテゴリの質問の例は以下の通りです。

  1. どうやって問題を解決しますか? 
  2. 不慣れな問題に直面したとき、あなたはどうしますか? 
  3. あなたは分析的思考力のある人ですか?

ここで重要なのは、企業側があなたの答えについてはそれほど関心はなく、どちらかというと提示する方法について興味があるということです。 

体系的で妥当かつ効果的な方法で問題について考えることができれば、問題解決能力のしっかりとした基盤があることを実証することにつながります。 適切な答えにたどり着くために必要な事実や技術は二の次で大丈夫です

あなたのアプローチについて質問された場合、どのようにリサーチを行い、関連する事実を収集するかについて考えてください。 あなたが洞察力や専門知識を学ぶために他の人の話を聞くかどうかや、必要になるリソースについても考えてください。 

問題解決が極めて得意な人は、鍵となる詳細にズームインして物事の核心を探り出すことができる一方で、ズームアウトして全体像やすべてが丸く収まる場所を見つけることもできます。

熱意や動機についての質問 

最も熟練した、最も頭の冴える従業員でさえ、やる気が欠けていると、後れを取ることになるかもしれません。 企業側はこれを知っています。

どんな職種でああっても、何があなたを奮い立たせるのか、あなたが目指すものは何なのかについて尋ねられるでしょう。]

あなたが仕事に熱意のある人かどうかについて、その理由が月末に給料が入るからだけではなく、質の高い仕事を手掛けることを意識しているからという面も見たいと思っています。

  1. 何があなたにモチベーションを与えますか? 
  2. なぜ現職を辞めようと思うのですか? 
  3. あなたの今までで一番の功績は何ですか?

企業はこれらの質問のために、何があなたを日々の業務の上で前進させるのか探ります。どんなことなら誇りを持ってすることができますか?なぜ前職でそれを得られなかったのですか

なぜこの仕事でそれを得ることができると思うのですか? 難しくても、重いプレッシャーがあったとしても、あなたは挑戦を楽むことができ、素晴らしい仕事をすることで得られる満足感が好きだと言ってください。また、生産性のあるチームの一員として働き、プロジェクトの成功に貢献することが楽しいと言うことも良いことです。 

可能であれば、あなたが自発的であることを示すようにしてください。成功を収めるために自分を奮い立たせた時についての例を挙げてください。例えば、大学課程の修了、自分のビジネスの設立、スポーツチームの編成などです。あなたが何をすればいいか教えてくれる他の誰かが常に必要な人だとは見られたくないでしょう。成功を収める準備ができていることを示してください。

情熱を持って心からこれらの質問に答えることができれば、企業側のあなたに対する期待は急上昇することでしょう。

  1. 5年後あなたはどんなことをしていたいですか? 
  2. あなたの理想の仕事がどんなものか教えてください。

これらの質問は、どちらかといえば長期的な目標についてであるため、生涯の職業につながっていく可能性のあるエントリーレベルの仕事に特に関係のあるものです。 

常に向上心を持って努力していることを示すことが重要ですが、あなたの目の前の仕事も気にかけていることも示す必要があります。

この仕事があなたのキャリアアップのための重要な足がかりであることを示すようにしてください。 あなたは満足・充実できる仕事を見つけるるでしょうが、より高度な仕事に発展させることができることを自分自身と会社に証明したいでしょう。 

あなたの職業がどこに向かうのかについて現実的になってください。 あなたが成功と昇進にやる気を感じていることを示してください。 多くの人々がチームを管理し、仕事のプロセスや会社の方針への関与を増やしたいと言っています。

長所・短所についての質問

自分自身について話すことは、特に自画自賛することを求められている時、不自然で不快に感じるかもしれません。 私たちがやっているはずのものとまったく逆に思える状況下について話すように求められたときは、なおらさでしょう。 

しかし、その理由の一部分には、企業側が候補者の長所と短所について質問することを好むというところがあります。

  1. あなたの長所は? 
  2. あなたの短所は? 
  3. あなた自身について教えてください 
  4. あなたの一番の短所は何ですか? 
  5. あなたの友人や同僚はあなたについてどう言っていますか? 
  6. あなたが一番苦手な人は、あなたのことをどう言っていますか?

長所と短所にかかわらず、これらの質問にうまく答えられる候補者は、自己認識があり、自己批判的で、改善する意思があることを企業に示ことができます。

そして、これらの3つの特性は、あなたの答えの基礎を形成するはずです。あなたが伝えようとしている点は、

あなたが自身を批判的に反芻し、長所と短所を評価し、改善を望んでいることです。 あなたの長所について話すとき、あなたが印象付けようとしているバランスは、一方でひどく傲慢であることと、他方ではとても謙虚で特筆すべき長所がないかのような雰囲気の間にあります。

正直で、仕事に関連していて、例を使って実証できる長所を選ぶようにしてください。

あなたの短所について話すように求められることは、もっと恐ろしいことかもしれません。面接であなたは最高の自分について力強く説明しようとしているわけで、不得意なものについて議論しなたくはないでしょう。 

紙一重のところですが、この質問にうまく答えることで、あなたはその質問に困ること必須の他の候補者と差をつけることができます。

偽りのない短所について話してください。質問を避けようとしないでください。もちろん、その短所が職務内容に致命的ではないようにしてください。例えば、経理の仕事に応募している場合は、数字や図表を扱うことが苦手とは言わないでください。  

代わりに、自己反省・自己認識できる人であることを示すためのきっかけとして短所を使い、その短所を軽減・解決するために取っている方法について話をしましょう。 

あなたが完璧ではないことを認めることで、謙遜さを示すことができ、それ自体が力強い素質になります。たとえば、あなたは次のように言うことができます。 

「大学に入学する前は、社交的な状況になるとかなりの恥ずかしがり屋でした。もっと自信を持つことが重要だとすぐに気づいたので、結果的にいくつかのスポーツチームやグループに参加して、人と会ってもっと社交的になるように自分を強制しました。 2年目は演劇部に参加しましたが、それ以来、私は話が止まらないと友人は言っています。」 

短所は誰にでもあり、面接官もこれを理解しているでしょう。彼らにも何か短所があるはずです。これらの質問に対する返答を構想していたとしても、嘘がないように準備してください。

 --- 

 準備の一番良い方法は、できるだけ多くの面接の質疑応答を読むことです。Interview Gold は、成功のチャンスを高める準備方法をあなたが作るお手伝いをします。

---

信頼性と忠誠心についての質問

 ほとんどの職場において、信頼性と忠誠心を感じさせる人と思われることは大きな利点です。 そのため、それについて尋ねられることは必須でしょう。

  1. 締め切りに間に合わなかったときの一例について教えてください。
  2. 逆境にどう立ち向かいますか? 
  3. 今までで一番の挫折は何ですか? 
  4. 仕事に遅刻する時にはどうしますか?

繰り返しますが、ここで得られる最大の利点は、がある場合のみです。 

「自分が信頼できる人だ」、「挫折から立ち直るのが早い」などは誰だって言うことができます。 本当に聞きたいのは、あなたが根拠とともにそれを立証できるかどうかです。 

厳しい締切りに間に合わせなけばならない時や、困難な状況に対処しなければならない時について考えてみてください。 できるだけ多くの具体的な例を見つけて、それについて話す準備を整えてください。 

ネガティブな経験についても同じことが言えます。 あなたが関わったプロジェクトがうまくいかなかったことなど過去に挫折があった場合は、それについても話すことができます。 あなたがその失敗から学ぶことのできる点について説明してください。

失敗は誰もが経験することです。失敗から学ぶことができれば成功へとつながるでしょう。

給料や福利厚生についての質問

給料や福利厚生について尋ねられた時、決まりが悪く感じるのはよくあることです。 特にあなたがそれを期待していなかった場合には。 

多くの職場では、特に新卒レベルの給料は固定されており、ほとんど交渉はできません。 しかし、必ずしもそうわけではありません。 

給料要件について自信をもって話すことができるようになる鍵は、企業研究にあります。 業界の他の人と話し合い、詳しく聞いてみましょう。 Glassdoorや業界メディアを活用してください。 その職種のあなたの地域での正当な給料がいくらぐらいであるかを知ることができるはずなので、その視点があればあなたは強い交渉力を持てるでしょう。

  1. 当社の福利厚生について詳しく知りたいことはありますか?
  2. 理想的な給料はいくらぐらいですか?

平均給料を知ったら、あなたの期待値をそこに合わせてください。例えば、平均給料が25,000ポンド前後であれば、質問された時に24,000ポンドから26,000ポンドあたりの給料を探していると言えばいいでしょう。 

これを正しくやることが重要です。あなたの給料の希望が低すぎる場合、自分自身を過小評価していることになります。高すぎる場合は、あなたが自分自身を過大評価しすぎか、お金にしか興味がないか、給料が更に高いポジションが空き次第すぐに退職してしまう可能性があるかもしれないと思われてしまいます。 

一般的に、あなたの主要な動機付けとしてお金について話すべきではありません。もちろん、生活をしていく必要があり、仕事から適切な対価が欲しいでしょうが、仕事自体に興味を持いないような、お金がすべての最優先事項であるといった印象を与えたくはないでしょう。

また、あなた自身から給料について尋ねることも避けてください。企業研究をしていないように、もしくはただ単純に財政上の理由から仕事に興味を持ったように見られます。企業側がこの話題を持ち上げるようにしてください。 

これに対する例外としては、営業や採用などのコミッションベースの職業がありますこれらの業界において、高いコミッションは更に一生懸命働くようにインセンティブを与えるので、企業がお金に対して強欲な人を欲しがることがあります。

大学についての質問

あなたが大学新卒で新卒向けの仕事を探しているなら、大学生活について尋ねられることは避けられません。 

大学で学んだこと、なぜその大学に行ったのか、あなたが得た経験などについて尋ねられるでしょう。

可能性のある質問は以下のようなものです。

  1. あなたの大学を選んだ理由は?また、その決定に影響を与えた要因は何ですか? 
  2. 大学は楽しかったですか? 
  3. あなたの専攻を選んだ理由は何ですか? 
  4. あなたの専攻の卒業生がこの種類の役割に貢献できるものは何ですか?

大学の学位の専門性が低ければ低いほど、これらの質問は答えにくくなります。 

もちろん、工学の学位を持つ人は、エンジニアとしてのスキルを身につけているでしょう。しかし、英文学や歴史のような科目を勉強したならば、もっと慎重に考えなければならないかもしれません。 

専門性の低い科目が貢献できるものが少ないというわけではありません。そんなことは断じてなく、その学部で得られるスキルが、特定の仕事や業界にあまり依存しないということだけです。

学位からどんなスキルを得たのか、そしてそれらがあなたの役割を果たす上でどのような助けになるのかについて論じるために、パズルのピースをうまくはめ込んでいく必要があります。

いつものように、あなたが大学で伸ばしたスキルを示すことができるいくつかを準備しておいてください。あなたの学科の卒業生がどのようなことをしているのかについてオンラインで調べて、あなたの専攻が、応募しているその職業のための準備にどう役立つかについて考えてください。

あなたの学位から相当離れた職種に応募している場合にもまた、これらの質問はさらに重要になります。例えば、あなたが英文学科の卒業生で経理のポジションに応募するなら、何かしらの説明が必要になります。

それは必ずしも悪いことではありません。異なる分野の学位を持つ人がまた別の分野で貢献できることはたくさんありますが、進路を変えた理由や、どんなスキルを移行することができるのかを説明する必要があります。

課外活動についての質問

企業は、あなた自身やあなたの人生観についてあまり明らかではない情報を収集する方法として、しばし趣味や興味について尋ねます。 

趣味や課外活動を使って新しいスキルと成果について説明することで、あなた自身を候補者として効果的に目立たせることもできます。

あなたにそのチャンスを与えてくれるかもしれな質問は以下のものです。

  1. あなた自身についてどう思いますか? 
  2. あなたの趣味は何ですか? 
  3. 大学でクラブやサークル活動に参加していましたか?

ここで覚えておくべき重要なことは、皮肉なことに、趣味について話すことはリラックスしていいチャンスではないということです。この質問に取り組むためのベストな方法は、より複雑で、さらなるスキルの向上につながる趣味について話すことです。 

たとえば、Netflixで映画を見るのは良い答えではありませんが、あなたが運営している映画レビューブログについて話すことは良いでしょう。 

なぜかというと、Netflixを見ることが、あなたの脳を動かすアクティブな活動ではないからです。つまり、あなたがのんびりするためのものということです(時々は必要になるものですが)。しかし、映画について文章を書くこととブログを運営することは、同じ趣味でも、批判的思考と構成など積極的な関与を必要とするものです。 

スポーツ、文章を書くこと、文学、デッサン、絵を描くこと、音楽制作、講演会への出席、木工、自家製醸造、運動、言語学習など...これらすべてのものやその他のものは、幅広い種類のスキルを証明する活動内容の素晴らしい例で、いくらかの専念、段取り、学習を必要とします。

  1. あなたのコンピュータースキルはどうですか?

これは似たような質問ですが、もう少し的を得たものです。 

多くの職業でコンピュータースキルに関する基礎知識は少なくとも必要になりますので、Microsoft Officeをよく理解しておいてください。もちろん、一部の職業では特定のコンピュータースキル条件があるため、応募する前に注意してください。 

さまざまなソフトウェアパッケージを使用した時の具体例があれば大きな利点になるでしょう。

出張や転勤についての質問

応募する前に、その仕事に出張や転勤が必須であるか確認してください。 これらの両方(特に転勤)はしばし交渉を破綻させる可能性があるため、あなたの都合に合わない場合は応募する必要はありません。

仕事の必要条件であれば、出張についてどう思っているか尋ねられるでしょう。

  1. 出張は楽しめますか? 
  2. 頻繁に出張がある場合どう思いますか? 
  3. 海外で働くことについてどう思いますか? 
  4. 転勤についてどう思いますか?

外国のクライアントに会うためなど、喜んで頻繁に出張することができるなら、大学へ行く時などあなたが実家から上手く出ていくことができた時について話してください。 

あなたが新しい場所を見たり、さまざまな価値観に触れたり、新しい人と出会ったりすることをどれほど楽しんでいるかについて話し、熱意を示してください。 

もしあなたが(喜んで)転勤する必要があるなら、今あなたを引き止めるものは何もないと伝えると良いかもしれません。 

さらなる情報

あなたにおすすめのその他の記事

Also in Interview Questions

Improve Aptitude Test Performance